黙祷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天佑台湾

最大震度7の大地震、心からお見舞いを申し上げます。
被害にあわれた方々が一日も早く普段の生活を取り戻すことができますように。
3.11のときに、寄り添ってくださった皆さまのお気持ち、三陸沿岸の住人は忘れていません。
私もできるところからのご支援に協力させていただきます。

台湾加油

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういうことになりました2017

標件、おなじようなタイトルで記事を書いたのは、もう7年も前のことなんですね。

ピュンマさんの同業(高級官僚ではなく、パークレンジャーの方ね。とはいっても、国立公園勤務でもなければ、密漁取締りもしてないし、サファリルックも着てないし、ワニに説教することもないし、ライフルも持ってないけど)にジョブチェンジしてから、ぽつりぽつりと勉強しなおして、必要な資格を取ってきましたが、今般、「ビオトープ施工管理士」なるモノを取得いたしました。

物言えぬ草木虫魚の代弁者として、地域の自然環境の現在と未来を語り、考えるシゴトは、書いたコードのとおりにしか動かないコンピュータを前にして、ユーザの望むことをどうシステムに乗せていくか、という、言葉の通じないもの同士の橋渡しをする、という点で共通している部分があります。

この冬を、雪の下でじっと耐えている植物や生き物たちが、活動を再開する春、今年の秋冬の結果が出、この先を見はるかす活動が始まります。

ま、そういうことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JISとUSの煩悶

VRAMぶっ飛んじゃったよ、あーーーれーーー事件からこっち、やっぱタブレットじゃ不便だよなぁ、ということで、アップルストアのサイトをつらつら眺めているogaです。

標記のとおり、JISキーボードにするかUSキーボードにするか、決めかねておりまして、「お布施購入」ボタンをぽちれない日々が続いております。
過去の日記にちらっと写っているMBAですが、あれはJISキーボードでした。一見USに見せていて、実はキーボードにカバーをかけていて、かなの印字がないだけのシロモノ。
その前の、ホワイトiBookG4にはキーボードカバーをかけなかったので、連日の酷使で使用頻度が高いキーのキートップの印字がかすれるという現象が出たことを受けての対応でした。
なので、キーボードにカバーはかけると思うんですが・・・。
今回もJISでかななしのカバーをかけるか、ガチでUSにしてしまうか、悩んでおります。

ちなみに、タブレット用のBluetoothキーボードはUS配列。日本語入力は、alt+spaceという、何気にインターネット黎明期の香りのする操作で切り替えます。

『群集の英知』に助けを求めたく、ネットのあちこちを徘徊するも、決め手に欠くというか、双方メリットデメリット拮抗しているというか・・・。

ネットは広大すぎます、少佐殿。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

MBAが逝っちゃいました(滝涙)

ウチの(というかワタシの)MBAがとうとう逝っておしまいになりましたもので、少々ぐだめかせて下さいませ。
SSDがどーしたらこーしたら、というならともかく、VRAMが逝っちまったもんですから、お手上げでして。
どやってもハードに弱いなぁ。

タイムマシンでバックアップしてたのと、クラウドにあげていたのとで、データは一応なんとかなりそうなことだけが不幸中の幸いというところでしょうか。
(下手に救出業者に出して、lsコマンドなんぞ走らされた日にゃ・・・)
タブレットにワイヤレスキーボードでテキスト打ったりしてはいるものの、内心の動揺はどーにもこーにも。

「この物入りな時に・・・」
などとぶつぶつ言いつつ、Appleのwebサイト見てるんですから、お布施するのも時間の問題でしょうねぇ。
どーーうしてタッチバーないだけでポート二つも削るんだよぉ。ジョブスティムのばかやろぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«初冠雪